サイト上の記事コンテンツ

前回に引き続き、コンテンツマーケティングに関する話題です。

もっとも重要な記事コンテンツについて

サイトを運営する上で、もっとも重要な要素といえるのが、記事コンテンツです。
これは、これからのSEO・SEM戦略においても、もっとも重要な要素だといえるでしょう。

実は、記事作成代行は、質の高い記事コンテンツを集めるもっとも有効な方法なのです。

これは、時間やコストでは解決できないある要素が関係します。
それは、「記事の作者が誰か」ということです。

今後ますます重要になるオーサーランク

Googleの評価項目のひとつであるオーサーランクは、記事の作者を評価するものです。
Google+の情報などをもとに、作者が専門家かどうか、質の高いコンテンツを提供しているかといった内容をもとに点数化したものだといわれています。
このオーサーランクが高い作者が書いた記事は、それだけで一定の評価がされ、検索結果の上位に表示されやすくなります。

自身がその記事の内容に関する専門家であれば問題ありませんが、特に専門家ではなく、関連する資格ももっていなければ、オーサーランクの高い作者にくらべて最初から不利な状態なわけです。

現在はGoogle+の普及率の低さやauthorに関するマークアップが浸透していないこともあり、専門家が書いていない記事でもランキングの上位に表示されることがまだまだあります。
しかし、今後もGoogleはどんどん対策を施していくはずですので、専門家が書いた記事でなければ上位表示がされなくなるのは時間の問題でしょう。

専門家に記事を書いてもらうには

専門家に記事を書いてもらう方法としてまず考えられるのは、クラウドワークスなどで依頼する方法でしょう。
当然、ライターとのやりとりが発生します。

現在は需要が少ないため、専門家が書く記事を提供する業者はなかなか見当たりませんが、今後はこのような記事を提供する業者が増えていくことでしょう。

事例紹介について

前回に引き続き、コンテンツマーケティングに関する話題です。

事例の紹介について

あなたは、ある商品の販売を目的としたサイトを運営しているとします。

ただ、商品の特長や仕様などの情報が掲載されているだけのサイトでも、ある程度購買意欲の高い顧客には十分でしょう。
しかし、このようなサイトが購入者や訪問者によって拡散されるかというと、ほぼ期待はできないでしょう。

もし、他にも同じようなサイトがあるのなら、差別化をしなければ優位に立てなくなります。

こうしたときに効果を発揮するのが、商品購入者によるレビューや、事例の紹介です。

事例の紹介がコンバージョンへの最後の後押しになる

事例紹介は、すぐに購買にいたらないような購入を躊躇しやすい商材やサービスにおいて、特に効果を発揮するものではないでしょうか。
購入するか迷っている人は、その商品やサービスを利用した「自分と同じ境遇の人」の声を聞きたがっています。
そんな購入者予備軍を購入者に変える最後の一押しに商品のレビューや事例紹介を効果的に活用しましょう。

もし、訪問者の琴線に触れるようなエモーショナルな事例があれば、自然発生的なバズ効果を生み出すことも十分にありえます。

ただし、自社商品でなかったり、まだ広く認知されていない商品やサービスで、こういった良質な事例を集めることはかなり難しいです。

記事作成の代行サービスを有効活用

こんなときに役立つのが記事作成の外注です。
たとえば、商品を実際に使用してもらい、その感想を書いてもらうだけなら、記事作成の外注でなくてもいいのではと思う方もいらっしゃるでしょう。

それではなぜ、私が記事作成の外注をおすすめするのか?

それは、記事作成のプロが文章を書いてくれるからです。

もともと何か具体的な事例が存在するのであれば、その事例に基づき文章を書いてもらうこともできますが、それなら時間やある程度の文才があれば自分でも文章を書けます。

商品の体験から文章の作成までをプロに任せれば、自分では気づかないような点に気づいてくれたり、想定読者の心をつかみそうな文章を意識して書いてくれるので、できればこういった仕事の実績があるライターにお願いしてみましょう。

もちろん、こういった記事を得意とする業者もあり、費用はかかりますが、その分ライターへの依頼から内容のチェックまですべてを請け負ってくれますので、予算があれば利用しない手はありません。